バトル大衆TOP

新着


5月10日に初日を迎える大相撲五月場所。横綱・白鵬が最多優勝記録を更新し、35回目の優勝を成し遂げるかどうかが注目される。戦後の大相撲の人気は、横綱・栃錦、若乃花の栃若時代、大鵬、柏戸の柏鵬時代を経…
インタビュー

2015-08-23 [シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

天龍が語るプロレス論「プロレスラーは“自分LOVE”でなければ、上までいけない」

ついに今年の11月に行われる両国興行で引退する天龍源一郎が、新日本プロレスG1クライマックス、馬場、猪木から、先日亡くなった盟友、阿修羅・原まで、プロレスの真髄を語りつくす。


インタビュー

2015-08-22 [シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

天龍源一郎の新日本G1参戦に猪木がキレたワケ

ついに今年の11月に行われる両国興行で引退する天龍源一郎が、新日本プロレスG1クライマックス、馬場、猪木から、先日亡くなった盟友、阿修羅・原まで、プロレスの真髄を語りつくす。


インタビュー

2015-08-22 [DDT公式ファンブック THIS IS DDT]

DDTのエース・飯伏幸太「食事は基本、ファミレスです」体・技・夢を語る!?

新日本プロレスとDDTの異例の2団体同時所属選手となって早2年。飯伏幸太の名前は、プロレス界の枠を超え、一般にも広く知られるようになってきた。ゴールデン☆スター・飯伏幸太はどこまで飛躍するのだろうか…


昭和のプロレス黄金期を彩った外国人レスラーが、また一人、この世を去った。 ウィリエム・ルスカさん、享年74。 1940年、オランダに生まれたルスカさんは入隊した海軍で柔道に出合う。すぐに頭角を現し、…

新日本プロレスの真夏の祭典「G1クライマックス」が大盛況のなか終わった。 そもそも「G1」とは競馬の最高峰レースの格「G1」からきている。競馬好きの坂口征二社長(当時)が名付け親だという。第1回(…


23日に両国国技館大会「両国ピーターパン2015~DDTより愛をこめて~」を行うDDTプロレスによる"初"の公式ファンブック「THIS IS DDT」(双葉社)が8月22日に発売された。新日本プロレ…


インタビュー

2015-08-20 [シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

武藤敬司が語る橋本真也「アイツは夏と冬しか見せずにいなくなった」

新日本の退社、全日本への移籍、WRESTLE-1の旗揚げ。天才・武藤敬司にとっての2000年代とはどんなものだったのか? 先日発売となったムック「逆説のプロレス vol.2」(双葉社)から、武藤敬司…


中学を卒業して、すぐに大島部屋に入門したんですが、それまでは、相撲やろうなんて気は、まったくなかったんです。ただ、母親が、中学の卒業式の3日前ですよ。"あんた相撲やってみる気ない? もう話がついてい…
インタビュー

2015-08-19 [シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

武藤敬司インタビュー “アントニオ猪木1万円事件”とは!?

天才・武藤敬司にとって、1995年はその華々しいプロレス人生の中でも絶頂期だった。5月に橋本からIWGP王座を奪取し、8月にG1初優勝。そして、伝説の10・9、Uインター対抗戦。 現在も現役をつらぬ…


インタビュー

2015-08-16 [シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

ザ・グレート・カブキが語る“新日本マット トレード参戦の真相”とは!?

「東洋の神秘」の異名を誇り、アメリカを震撼させた希代のペイントレスラー、ザ・グレート・カブキは、平成維震軍の一員として90年代の新日本プロレスに確かな爪痕を残している。全日本プロレス育ちのカブキが見…


インタビュー

2015-08-15 [シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

藤波辰爾が語る、新日本社長時代「橋本を解雇せざるを得なかった」

猪木や長州らと数々の名勝負を演じた、"ミスター新日本"藤波辰爾。次の世代が勢いに乗るG1クライマックス第3回大会では、負傷欠場した長州の得意技をくりだし、優勝をもぎとった。絶賛発売中のムック「逆説の…


「まさにボクシング黄金時代の到来ですよ」 こう語るのは、2008年に世界ボクシング殿堂入りを果たしたボクシング評論家・ジョー小泉氏だ。 「昔に比べ、WBO、IBFと認定団体が増えたので、単純に昔と…

記念すべきG1第1回大会優勝者にして、いまだに破られることのないV5の偉業……G1クライマックスと言えばこの男抜きに語ることはできない。先日発売となった、重要人物たちの証言によって“新日本プロレス …


インタビュー

2015-08-13 [シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

Mr.夏男・蝶野正洋が振り返る25年「G1は続かないと思ってた」

記念すべきG1第1回大会優勝者にして、いまだに破られることのないV5の偉業……G1クライマックスと言えばこの男抜きに語ることはできない。先日発売となった、重要人物たちの証言によって“新日本プロレス …


ザ・ビースト、ボブ・サップ選手が人気選手である事は今さら敢えて言うまでもなく、誰もが知っている事でしょうが、私はその人気の質の違いを常に感じます。格闘技ファンなら、「サップ選手より○○選手が好き」な…


初めまして!! あなたのハートにパワーボム、アマゾネス白川こと白川未奈です。 と、いきなり越中ばりにフォールを狙いにいった私ですが、ここで軽く自己紹介。 日刊大衆では何度か皆さんのお目にかかっ…

なるほど、これがあったか! プロレスファンなら誰もがポンと膝を叩き、もう楽しみでならないニュースが先月飛び込んできた。8月22日、あのWWEの「NXT」に獣神サンダー・ライガーが登場する。 NX…


最近「政治家のたとえ話」が話題だ。 安倍晋三首相がテレビ番組に出演した際、集団的自衛権を「自宅と他人の母屋、その離れ」にたとえて説明した。「(離れから)火の粉を含んだ煙が来て、自宅に火が移る明白な…


あなたのハートにパワーボム! おっPサンバのアマゾネス白川こと、白川未奈です! 梅雨明けも発表されて、いよいよ本格的な夏がやってきました! 
暑い夏には、熱い闘いを見てスカッとしたいもの……!!! …


大相撲夏場所(東京・両国国技館)の初日、横綱白鵬(30=宮城野部屋)が小結逸ノ城(湊部屋)に逆転負けした瞬間、場内に座布団が乱れ飛んだ――。 しかも、翌日の一般紙朝刊の一面に「白鵬、初日に土」の文字…

政治を語るときに使われる「プロレス」という言葉について考えてみたい。 断言してよいが、「茶番」「打ち合わせ済み」という意味で”勝手に“使われている。プロレスに全く興味のない人こそ簡単に使う。先日も…


7月20日(月・祝)に開催された「火の国格闘伝説 LEGEND 6」は新機軸として高級ホテルのバンケット・ルームを使用し、円卓テーブルでのディナーと一緒に試合を観戦する形式で行われた。円卓テーブル席…


“立石の老ピエロ”こと、元『週刊プロレス』金権編集長・ターザン山本が語る「長州力のターザン批判」とは。 佐々木健介と北斗晶が結婚式をあげた時、仲人は長州力夫妻だった。その式場に私も呼ばれた。まだ、…


Copyright(C) バトル大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.