バトル大衆TOP

新着


中学を卒業して、すぐに大島部屋に入門したんですが、それまでは、相撲やろうなんて気は、まったくなかったんです。ただ、母親が、中学の卒業式の3日前ですよ。"あんた相撲やってみる気ない? もう話がついてい…
インタビュー

2015-08-23 [シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

天龍が語るプロレス論「プロレスラーは“自分LOVE”でなければ、上までいけない」

ついに今年の11月に行われる両国興行で引退する天龍源一郎が、新日本プロレスG1クライマックス、馬場、猪木から、先日亡くなった盟友、阿修羅・原まで、プロレスの真髄を語りつくす。


インタビュー

2015-08-22 [シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

天龍源一郎の新日本G1参戦に猪木がキレたワケ

ついに今年の11月に行われる両国興行で引退する天龍源一郎が、新日本プロレスG1クライマックス、馬場、猪木から、先日亡くなった盟友、阿修羅・原まで、プロレスの真髄を語りつくす。


インタビュー

2015-08-22 [DDT公式ファンブック THIS IS DDT]

DDTのエース・飯伏幸太「食事は基本、ファミレスです」体・技・夢を語る!?

新日本プロレスとDDTの異例の2団体同時所属選手となって早2年。飯伏幸太の名前は、プロレス界の枠を超え、一般にも広く知られるようになってきた。ゴールデン☆スター・飯伏幸太はどこまで飛躍するのだろうか…


大学で、ボクシングは最後にしようと思っていました。 ただ、高校、大学とボクシングを続けてきたんですが、その集大成というべき試合と位置づけて挑んだ国体で、あっさり初戦敗退してしまったんです。その時、カ…

新日本プロレスの真夏の祭典「G1クライマックス」が大盛況のなか終わった。 そもそも「G1」とは競馬の最高峰レースの格「G1」からきている。競馬好きの坂口征二社長(当時)が名付け親だという。第1回(…


23日に両国国技館大会「両国ピーターパン2015~DDTより愛をこめて~」を行うDDTプロレスによる"初"の公式ファンブック「THIS IS DDT」(双葉社)が8月22日に発売された。新日本プロレ…


インタビュー

2015-08-20 [シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

武藤敬司が語る橋本真也「アイツは夏と冬しか見せずにいなくなった」

新日本の退社、全日本への移籍、WRESTLE-1の旗揚げ。天才・武藤敬司にとっての2000年代とはどんなものだったのか? 先日発売となったムック「逆説のプロレス vol.2」(双葉社)から、武藤敬司…


“マット史上最大のヒット興行”と言われるのが、1995年10月9日、東京ドームで行われた「新日本プロレスvsUWFインターナショナル 全面対抗戦」だ。人物の背景には、両団体フロント間の数年に渡る遺恨…
インタビュー

2015-08-19 [シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

武藤敬司インタビュー “アントニオ猪木1万円事件”とは!?

天才・武藤敬司にとって、1995年はその華々しいプロレス人生の中でも絶頂期だった。5月に橋本からIWGP王座を奪取し、8月にG1初優勝。そして、伝説の10・9、Uインター対抗戦。 現在も現役をつらぬ…


インタビュー

2015-08-16 [シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

ザ・グレート・カブキが語る“新日本マット トレード参戦の真相”とは!?

「東洋の神秘」の異名を誇り、アメリカを震撼させた希代のペイントレスラー、ザ・グレート・カブキは、平成維震軍の一員として90年代の新日本プロレスに確かな爪痕を残している。全日本プロレス育ちのカブキが見…


インタビュー

2015-08-15 [シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

藤波辰爾が語る、新日本社長時代「橋本を解雇せざるを得なかった」

猪木や長州らと数々の名勝負を演じた、"ミスター新日本"藤波辰爾。次の世代が勢いに乗るG1クライマックス第3回大会では、負傷欠場した長州の得意技をくりだし、優勝をもぎとった。絶賛発売中のムック「逆説の…


7月3日(金)と、7月4日(土)に両国国技館での来日公演を予定しているアメリカ最大のプロレス団体WWE。日本にも芸能界を含め、たくさんのユニバース(WWEファンのこと)がいることで知られているWWE…

記念すべきG1第1回大会優勝者にして、いまだに破られることのないV5の偉業……G1クライマックスと言えばこの男抜きに語ることはできない。先日発売となった、重要人物たちの証言によって“新日本プロレス …


インタビュー

2015-08-13 [シリーズ 逆説のプロレス vol.2]

Mr.夏男・蝶野正洋が振り返る25年「G1は続かないと思ってた」

記念すべきG1第1回大会優勝者にして、いまだに破られることのないV5の偉業……G1クライマックスと言えばこの男抜きに語ることはできない。先日発売となった、重要人物たちの証言によって“新日本プロレス …


ザ・ビースト、ボブ・サップ選手が人気選手である事は今さら敢えて言うまでもなく、誰もが知っている事でしょうが、私はその人気の質の違いを常に感じます。格闘技ファンなら、「サップ選手より○○選手が好き」な…


レスラーとして現役を引退後も、その抜群の知名度とカリスマ性で、プロレスや格闘技会だけでなく、国会議員としても光を照らし続けるアントニオ猪木。 先日発売された「俺たちのプロレスvol.3(双葉社スーパ…

なるほど、これがあったか! プロレスファンなら誰もがポンと膝を叩き、もう楽しみでならないニュースが先月飛び込んできた。8月22日、あのWWEの「NXT」に獣神サンダー・ライガーが登場する。 NX…


最近「政治家のたとえ話」が話題だ。 安倍晋三首相がテレビ番組に出演した際、集団的自衛権を「自宅と他人の母屋、その離れ」にたとえて説明した。「(離れから)火の粉を含んだ煙が来て、自宅に火が移る明白な…


あなたのハートにパワーボム! おっPサンバのアマゾネス白川こと、白川未奈です! 梅雨明けも発表されて、いよいよ本格的な夏がやってきました! 
暑い夏には、熱い闘いを見てスカッとしたいもの……!!! …


日本のマットにタイガーマスクとして初めて上がったのは、昭和56年4月23日でした。 当時、イギリスで武者修行中だったのですが、思いのほか現地で活躍できて、その日は、世界チャンピオンのタイトルマッチ戦…

政治を語るときに使われる「プロレス」という言葉について考えてみたい。 断言してよいが、「茶番」「打ち合わせ済み」という意味で”勝手に“使われている。プロレスに全く興味のない人こそ簡単に使う。先日も…


7月20日(月・祝)に開催された「火の国格闘伝説 LEGEND 6」は新機軸として高級ホテルのバンケット・ルームを使用し、円卓テーブルでのディナーと一緒に試合を観戦する形式で行われた。円卓テーブル席…


“立石の老ピエロ”こと、元『週刊プロレス』金権編集長・ターザン山本が語る「長州力のターザン批判」とは。 佐々木健介と北斗晶が結婚式をあげた時、仲人は長州力夫妻だった。その式場に私も呼ばれた。まだ、…


Copyright(C) バトル大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.