バトル大衆TOP ニュースバトルpickup バトルニュースバトルpickup

WWEのフィニッシュ・ムーブ「スタナー」を実際に受けてみた

2015-06-25

さて、ではいよいよスタナーを検証開始。

なお、実際に技を行っておりますが、安全には留意して撮影しております。家のガレージ、近所の体育館、その辺の路上などでマネすることは大変危険ですので、おやめください!

002
まずは相手のみぞおちあたりを狙い、キックをお見舞いする。



003
キックで相手が「く」の字になり、アゴを突きだしたら……。



004
左手で頭を掴み、背負い投げの要領で回って右肩にアゴをのせる。



005
そのまま右手で相手の首をホールドする。神輿を担ぐ感じで。



006
右手と右肩でしっかりと相手の首を決めたまま、ジャンプ!



007
そのまま空中で脚を伸ばし、尻から着地するように落ちる。



008
自重をマットに叩きつける。相手のアゴと首に衝撃が走る。



009
相手がエビ反りでブッ倒れるまでが様式美。キレイな弧を描け!



000
痛そ~~~!



と、今回チョイ読みさせてもらったこの企画。

WWEの日本興行にあわせベストムックから発売された「語れ! WWE」のなかの特集からひとつ紹介させていただいた。

この「フィニッシュ・ムーブを受けてみた」のコーナーでは、スタナーの他にもロック様の「ロックボトム」や、ブロック・レスナーの「F5」、ジョン・シナの「AA(アティチュード・アジャストメント)」など、WWEスパスタたちのフィニッシャーを再現しており、果たしてどの技が実際にはエグいのか、学プロの勇士達が自らのカラダを張って読ませてくれる実に面白い内容となっていた。
大相撲夏場所(東京・両国国技館)の初日、横綱白鵬(30=宮城野部屋)が小結逸ノ城(湊部屋)に逆転負けした瞬間、場内に座布団が乱れ飛んだ――。 しかも、翌日の一般紙朝刊の一面に「白鵬、初日に土」の文字…
Copyright(C) バトル大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.